top of page

広島支部第98回例会レポート


令和5年9月の支部例会を行いました

 広島支部第98回例会を、9月8日金曜日18時30分より、いつものアドバン貸会議室において開催しました。

今月の講師は、私の所属するロータリークラブの仲間である、宮﨑真さんです。宮﨑さんは若手ながら、印刷会社の社長として、また業界の役員として、活発に活動されております。さらに、障がい者雇用の事業も行っておられ、見識の高い方です。今回は、取り組んでおられる障がい者雇用と地域活性化についてお話を頂きました。

 お話は、障がい者の内訳、障がい者に作業を与える事業所の内訳、ニシキプリントという印刷会社の歴史、なぜ障がい者雇用に取り組んできたか、障がいのある人たちが生み出す様々な製品、地域と障がい者施設とのかかわりあい、などです。これらさまざまの課題を、パワーポイントを使って分かり易く解説して頂きました。

 私も社会保険労務士という仕事柄、障がい者の方々に係わる手続きやコンサルを行ってきましたが、改めていい勉強になりました。

今回の例会参加者は21名、うちズーム参加が1名でした。その後に行った懇親会には、17名の方々が参加され、宮﨑さんを囲んで楽しく有意義な時間を過ごしました。おなかも一杯になり、お酒も進んで、いろいろな話題が飛び交いました。

閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page